資格のケンサク

米国NLP協会認定資格プラクティショナー

資格or検定
資格
難易度
★★☆☆☆
取得期間
17日間
受験費用
αコースは170.000円、βコースは240.000円で、両方申し込むと390.000円となります。
合格率
ほぼ100%
試験回数
随時
主催
株式会社NLPインスティテュート NLP研究所

米国NLP協会認定資格プラクティショナーってどんな資格?

NLP(神経言語プログラミング)を日常やビジネスで恒常的に使えるようなスキルを習得した者を認定する資格でです。

ミュニケーションの効果性を高め、日常生活やビジネスに画期的な変化や違いを起こしたい方を対象に認定しており、NLPプラクティショナーは各スクールが個々に認定資格を設けていることが多いです。

そのスクールの一つであるNLP研究所ではNLPの研究やNLPを学ぶ人のための研修・セミナーを行っている機関です。

資格を取得するには「プラクティショナー認定コース」のα(アルファ)コース5日間とβ(ベータ)コース7日間を修了し、アシスタントニュートラルトレーニング(5日間)を修了するとNLPプラクティショナー認定証が授与されます。

この認定証は米国4大NLP機関と互換性があり、取得者は機関のマスターコースを受講することができます。

αコースではNLPの基本的な知識とスキルを学び、βコースでは基本的スキルを使いながら深いスキルを学習していきます。

取得後は出来事に対する視野が広がり、行動の選択肢が増えるので、自分の状態のコントロールにも役立ちます。医療機関、教育機関、金融機関、営業、コンサルタント、FPなど様々な職種・業種の人が取得しています。

受験内容

【αコース】
①ラポールの形成・・・信頼関係の構築
②NLPカウンセリングメソッドⅠ・・・アウトカム(成果、ゴール、望ましい状態、目標)の設定を8つのチェックポイントを習得
③NLPカウンセリングメソッドⅡ・・・問題解決に向けて7つのチェックポイントから実践的に学ぶ
④リソースアンカリング・・・人が持っているリソース(資源、才能、資産、能力)を引き出して、アウトカムの達成へ向けて望ましい状態を形成
⑤ポジションチェンジ・・・知覚位置の変換
⑥エクセレントサークル・・・リソースフルな状態をいつでもどこでも一瞬に呼び起こすスキル
⑦アイアクセシンング・キュー・・・眼球の位置や動きから、非言語の情報を得る手がかりを習得
⑧ビジョン・タイムライン・・・時間軸を進みながらアウトカムを描き、過去のリソースフルな体験を呼び起こしてアウトカムを達成した状態を体験する
⑨リフレーム・・・枠組みを変えることによりこれまでとは異なった角度から物事を見るスキルを習得
⑩代表システムV.A.k・・・人間の代表的な3つの感覚(視覚[V]、聴覚[A]、体感覚[K])を詳細に理解した上で信頼関係を構築
⑪モデリング・・・ある分野で成功している人の言動、しぐさ、声のトーン、ポーズなどを自分の中に形作る

【βコース】
①サブモダリティー・・・五感の働きの構成を学び、いやな体験やできごとを瞬時にリプログラミングする
②スウィッシュ・・・無意識に起こる望ましくない反応を取り除くスキルを習得
③肯定的意図を探る・・・すべての人の行動の裏側には肯定的意図があることを探求する
④インテグレーション・・・「やりたくないのにしてしまう行動」と「望ましい行動」の葛藤を統合することにより、新しい行動を楽にする
⑤ニューロロジカルレベルの統一・・・NLP Universityのロバート・ディルツによるニューロ・ロジカル・レベルを習得
⑥メタフォア・・・リソースフルな状態をいつでもどこでも一瞬に呼び起こすスキルを習得
⑦6ステップ リフレーミング・・・やりたくないのにやってしまう習慣や症状を望ましい状態にリプログラミングする
⑧メタモデル・・・心理的な深層部にある完全な情報を、的確な質問によって表出させ、コミュニケーションの質をあげる
⑨フォビア(恐怖症)を取り除く・・・過去のいやな体験を取り除くスキルを習得
⑩メンター・・・自分を支えているメンターを意識することで、苦手を克服したり、前向きにあらたな行動を起こす

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧