資格のケンサク

理学療法士

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
3年~
受験費用
受験料は10.100円となります。
合格率
94.90%
試験回数
年1回
主催
厚生労働省 医政局医事課試験免許室

理学療法士ってどんな資格?

医師の指示のもと、病気や怪我で不自由になった患者の基本的な運動機能を、歩行や車椅子の訓練、治療体操などの運動療法、電気療法、マッサージ療法などで改善・回復させるリハビリテーションの国家資格です。

リハビリテーション医学において重要な役割を担っているため、作業療法士とともにニーズは増え続けています。

試験は年1回、筆記試験と点字試験受験者向けの口述・実技試験が行われ、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の養成所で3年以上理学療法士として必要な知識・技能を修得した者などが受験できるので、合格率も高くなっています。

専門学校では現場で実習を行いながら経験を積み、資格取得を目指すケースが多いようです。

病院やリハビリテーションセンターなどで作業療法士らとチームを組んで治療に当たることが多く、障害を持つ人の社会復帰に貢献するやりがいのある仕事として注目されています。

理学療法士を取得すると出来る仕事

理学療法士就職先

病院、リハビリテーションセンター、聴覚言語障害者更正施設、障害者福祉施設、老人福祉施設、保健所・保健センター、デイサービスセンター、スポーツクラブなど

理学療法士

運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事です。主に、マッサージや電気刺激治療、温熱、運動訓練などの治療や義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練を行います。 中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広く対応しています。

スポーツリハビリトレーナー

総合的にスポーツ選手の健康を管理する仕事です。主にマッサージなどによる慢性疾患のケア、試合中の応急処置のほか、栄養指導、メンタルケアのためのカウンセリングなどを行います。一人でこなすのではなく、それぞれ専門分野を持った数名のトレーナーが仕事を分担することが多いです。

受験内容

【筆記試験】
<一般問題>
①解剖学、②生理学、③運動学、④病理学概論、⑤臨床心理学、⑥リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、⑦臨床医学大要(人間発達学を含む)、⑧理学療法
<実地問題>※点字試験受験者に対しては行わない。
①運動学、②臨床心理学、③リハビリテーション医学、④臨床医学大要(人間発達学を含む)、⑤理学療法
【口述・実技試験】※点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について行う。
①運動学、②臨床心理学、③リハビリテーション医学、④臨床医学大要(人間発達学を含む)、⑤理学療法

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧