資格取得を楽しもう!資格情報、特集を日々紹介!

何故資格?資格情報ナビとは利用規約会社概要お問い合わせサイトマップ

資格を調べるなら資格情報ナビ!300以上の役立つ資格情報を掲載!あなたの資格取得を応援します!資格を調べるなら資格情報ナビ

歯科技師工

こちらの情報は約2分で読むことができます。 簡潔な試験情報を表で見る▼

歯科技師工ってどんな資格?

歯科医師の指示のもと、入れ歯(義歯)、差し歯、充てん物、金冠、強制装置などの制作・修理などを行う専門技術を持つ、厚生労働大臣認定の国家資格です。

人間の咀嚼機能の回復などに重要な役割を果たすため、歯科医療には欠かせない人材です。

文部科学大臣指定の歯科技工士学校または厚生労働大臣指定の養成所を卒業することなどを満たすと受験ができるため、専門知識を学んでからの受験となり、合格率が高くなっています。

高齢化によりニーズが高まっている上に、最近では歯並びや形、色などに対する審美的な要求も多く、それらの要望を応える新素材に関する知識や技術に特化した歯科技工士はますますニーズが伸びつつあります。

取得後は歯科病院や歯科技工所、歯科器材メーカーなどで活躍できますが、出身校から医療機関を紹介されて就職することも多く、高い技術・知識を身につければ、高収入も期待できます。

歯科技師工を取ると出来る仕事

歯科技師工就職先

歯科診療所、病院歯科、歯科技工所、歯科器材メーカー、歯科材料関係企業など

歯科技工士

歯科医師が採った歯型を元に、義歯やつぎ歯、詰め物、矯正装置をつくったり、それらの修理や加工(詰め物やさし歯などの製作)をする仕事で、指定日までに作成物を納品するため、労働時間が長くなる場合もあります。今後の高齢化社会の到来に向けて、ますますニーズの高まる仕事だといわれています。実力を積めば、独立して歯科技工所を開くことも可能です。

受験内容

【学説試験】
①歯解剖学、②有床義歯技工学、③歯冠修復技工学、④矯正歯科技工学、⑤小児歯科技工学、⑥顎口腔機能学、⑦歯科理工学、⑧関係法規
【実技試験】
歯科技工実技

歯科技師工の概要

資格名 歯科技師工
取得期間の目安 2年~
受験経費詳細 受験料は各都道府県により異なり、目安は36.000円(2006年度の東京都)程度です。
試験時期 年1回
試験時期詳細 2月中旬~3月中旬にかけて、各都道府県単位で学説試験と実地試験が行われます。
受験可能な場所 各都道府県により異なります。
合格率 98.70%
資格がスタートした時期 1955年8月
累計合格者
主催団体
住所 各都道府県衛生医務主管課
資格難易度(5段階) 3
受験資格 文部科学大臣指定の歯科技工士学校または厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所を卒業した者・卒業見込み者、外国の歯科技工学校卒業または免許を得た者で前記と同等以上と認定された者、歯科医師国家試験又は歯科医師国家試験予備試験を受験することができる者が受験できます。
ページトップへ