資格のケンサク

診療放射線技師

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
3年~
受験費用
受験料は11.400円となります。
合格率
62.60%
試験回数
年1回
主催
厚生労働省 医政局医事課試験免許室

診療放射線技師ってどんな資格?

現代の医療に欠かせない、放射線技術の専門家で主に、レントゲン撮影や放射線治療を行うことができる厚生労働大臣認定の国家資格です。

放射線を照射するには医師以外ではこの資格がなければ実践できません。医師の指示のもと、エックス線撮影、CTスキャナー、ラジオアイトープ検査、血液造影検査、放射線治療を行うほか、MRI検査、超音波検査、眼底検査なども行います。試験は年1回実施で、大学入学有資格者で文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の養成所で3年以上診療放射線技師として必要な知識・技能を修得した者などが受験できます。

取得後は病院や医学研究所、放射線機器メーカー、原子力発電所などで活躍できます。医学の先端を支える職業であり、医療技術の高度化に伴い、放射線療法も大きく進歩しており、アルファ線・ガンマ線・電磁波など、様々な放射線が診療に使われている中で、注目度は高まっています。

診療放射線技師を取得すると出来る仕事

診療放射線技師就職先

病院、大学病院、診療所、研究所、放射線機器メーカー、原子力発電所など

診療放射線技師

医師や歯科医師の指示のもとで、患者に放射線の照射、撮影・探査する仕事です。そのほか、X線診断、内臓の形や機能を検査するラジオアイソトーブ診断、放射線治療、放射線管理などを行います。放射線医療は、最新の科学技術や医療技術が一番取り入れられる分野で、日々高度になる医療に対応してく必要があります。

診療放射線技師の特徴

科目免除

1983年(昭和58年)法改正以前の診療エックス線技師試験の合格者は基礎医学大要、放射線生物学(放射線衛生学を含む)、放射線物理学、医用工学、エックス線撮影技術学、画像工学、放射線計測学及び放射線安全管理学の科目が免除されます。なお、科目免除を受けて診療放射線技師試験を受験する場合の試験地は東京のみになります。

受験内容

①基礎医学大要、②放射線生物学(放射線衛生学を含む。)、③放射線物理学、④放射線化学、⑤医用工学、⑥診療画像機器学、⑦エックス線撮影技術学、⑧診療画像検査学、⑨画像工学、⑩医用画像情報学、⑪放射線計測学、⑫放射線治療技術学、⑬核医学検査技術学、⑭放射線安全管理学

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧