資格のケンサク

MOT マイクロソフトオフィシャルトレーナー

資格or検定
検定
難易度
★★★★★
取得期間
6ヶ月~
受験費用
MOT Essentialsでは1科目につき9.450円必要です
合格率
未公表
試験回数
随時
主催
マイクロソフトMOT事務局

MOT マイクロソフトオフィシャルトレーナーってどんな資格?

MOT(マイクロソフトオフィストレーナー)は、ビジネスの現場で必要なソフトとなっているWordやExcelなどのMicrosoft Officeのインストラクターを養成することを目的としたマイクロソフト社の認定資格です。

製品知識と実技の試験に合格し、さらに詳しい知識や指導技術・マナーなどを習得するためのプレゼンテーショントレーニングを受講すると、マイクロソフトからMOTとして認定されます。

MOTの仕事は単に製品の機能や操作方法を説明するだけではなく、マイクロソフト社製品のユーザーひとりひとりが実践的に活用できるようにコンサルティングしていくことも含まれています。

インストラクターの資格の中で最も難易度が高いと言われていますが、トレーナーを目指す人には必須の資格といえるでしょう。

パソコンスクールの講師や企業のインストラクターのほかに、事務職でもOfficeは多くの企業で使用されているため、企画や商品のプレゼンテーター、またはヘルプデスク業務など活躍の場は実に多く、スキルをアピールできるので転職にも有利です。

MOT マイクロソフトオフィシャルトレーナーを取得すると出来る仕事

MOT マイクロソフトオフィシャルトレーナー 就職先

スクール、ソフトウエアメーカー、一般企業、イベント会社、映画会社、エステサロン、OA販売会社、カーディーラー、気象予報会社、銀行、結婚式場、広告代理店、小売店、コンサルティング会社、出版社、証券会社、商社・貿易会社、情報通信会社、人材派遣会社、新聞社、設計事務所、調査会社、テレビ局、ハウスメーカー、百貨店、不動産会社、保険会社、ホテル、洋服店、ラジオ局、旅行会社、楽器店、DIYショップ、ドラッグストア・薬局、ネイルサロンなど

日本パソコン学院アビバ、キヤノンシステムアンドサポート株式会社、日立キャピタル株式会社、株式会社エビス印刷、社会福祉法人函館厚生院 函館中央病院、株式会社JTB、村田製作所、アスモ株式会社、西日本シティ銀行、みずほビジネスサービス、株式会社マルイチ産商、新潟トヨタカローラ北越株式会社、野村證券株式会社、株式会社北海道毎日サービス、明治製菓株式会社、株式会社ユニクロなど

OA機器インストラクター

パソコンなどOA機器のショールームや催事場で、機器類の操作を実演し、客の質問に答える仕事。

客のニーズを確かめて、コンサルタント的な役割を果たしながら購入意欲をかりたてる重要な営業サポート職で場合によっては、購入後の企業で出張指導を行うこともあります。

仕事場になる会場や、出張指導も初対面の人を相手にするので社交的な人向きです。

OAオペレーター

ワープロを駆使して文書を入力、編集、校正し、書類を作成したり、オフィス事務関連をより効率的に作成するのがOAオペレーターの仕事です。

オペレーターにはより早く、より正確に文書を作成する技術力が必要とされます。また、それ以上に図表も描き、美しくレイアウトした文書作成技能が求められます。

一般事務

パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行います。

デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められます。

営業

取引先の開拓と、営業活動を行います。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。

どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事です。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなります。

店長

扱う商品によって異なるものの、一般的には、店を持つには商品価値の発見から売れ筋商品の予測、(海外製品を扱うのであれば輸入貿易の実務や海外買いつけ業務の知識、流通機構におけるマネジメントなど)商品仕入れの能力が求められます。在庫数を見た仕入れ調整など、経営センスが必要です。

MOT マイクロソフトオフィシャルトレーナーの特徴

MOTインストラクション認定研修

MOTを目指す方は、MOTインストラクション認定研修講師の所属するMOTトレーニングセンターにおいて、MOTインストラクション認定研修を受講し、課題を提出・合格する必要があり、MOTとして基本的スキルである「ファシリテーション」と「レッスンデザイン」を中心に構成されている研修です。

受講に際し、各MOTトレーニングセンターより1ヶ月程度を要する事前学習が指示されます。この事前学習は必要なスキルを把握し、課題提出の準備を事前に行うことを目的としています。研修スケジュールは各MOTトレーニングセンターにより異なりますが、開催日数は2日間です。

MOT Expert

最新のMOTの全資格、MCA資格(Security、Platform)と、2年以上のトレーナーとしての指導関連の実務経験に加え、Office Systemの統合的活用方法および企業におけるITの利活用提案が可能な知識を有し、情報生産性向上のニーズに応じた最適な研修コースのデザイン、開発とアドバイスをすることができる指導者を認定するMOTの上位資格です。MOT Expertとして認定されるには、MOT Expert研修を受講し、研修企画・設計・実施に関する擬似的課題を提出し、合格することが必要です。

受験内容

※MOT認定条件・・・MOT Essentials(セクション分析評価でB以上かつ総合評価A以上)とMOS(MOT用合格ライン:セクション分析評価全項目で正解率が50%以上)に合格すること。4 種類の試験があり、どれか 1 つに認定されれば MOT の資格取得者です。

【MOT Essentials】
・試験種類の製品に対し、トレーナーとして活躍するために必要となる Office 共通機能や製品単位の機能を習得しているかどうかを判断します。
①MOT Essentials for MicrosoftR Office Excel 2003
②MOT Essentials for MicrosoftR Office Word 2003
③MOT Essentials for MicrosoftR Office Access 2003
④MOT Essentials for MicrosoftR Office Power Point 2003

【実技試験】
・Microsoft Office Specialist は、Microsoft Office 製品に対する全体の理解、それらの高度な機能を使う能力、 および Microsoft Office 製品間を統合する能力を評価する試験です。
・製品単位でMOS試験を受験しMOT(セクション分析評価全項目で正解率が50%以上)合格ラインをクリアすること。
・また、スペシャリストレベル/エキスパートレベルが儲けられている試験はその両方に合格すること。

【MOTインストラクション認定研修】
・MOTトレーニングセンターが開講するセミナーを受講し、トレーナーとしての基礎知識を身につける。ただし、現在有効な MOT 資格取得者および 2000 バージョンまで取得していた旧 MOT 取得者は受講不要です。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

パソコンの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧