資格のケンサク

PHOTOSHOPクリエイター能力認定試験

資格or検定
検定
難易度
★★☆☆☆
取得期間
3ヶ月以上
受験費用
1級7.900円、2級6.900円、3級6.400円となっています。
合格率
49.80%
試験回数
随時
主催
株式会社サーティファイ認定試験事務局

PHOTOSHOPクリエイター能力認定試験ってどんな資格?

DTPソフトの定番としてデザイナーから一般ユーザーまで幅広く利用されている、Adobe Systems社が開発した画像編集ソフト”PHOROSHOP”を使ったデジタルコンテンツ作成能力や画像編集技術について、操作能力や知識を認定する資格です。

試験は1~3級で、3級は主に基礎機能の理解が求められ、2級は3級よりも多様なデジタル画像処理の基礎理論、他のメディアへの応用性を踏まえたデジタルコンテンツの作成能力が必要です。

活躍の場は印刷会社や出版社のほかに、デザイン事務所、広告代理店、企業の広報・宣伝部と、DTP技術を活かせる場は多岐に渡り、この資格だけで就職を目指す場合は最低でも2級以上は必要ですが、同時にアドビ認定の資格を取得しておけば、さらに企業の認知度はアップします。

また、インストラクターに関する資格の取得によって、指導者としての仕事も可能になります。

PHOTOSHOPクリエイター能力認定試験を取得すると出来る仕事

PHOTOSHOPクリエイター能力認定試験就職先

Web制作会社、印刷会社、映像関連制作プロダクション、広告代理店、出版関連制作プロダクション、ソフトウエアメーカー、コンピュータメーカー、テレビ局、映画会社、デザイン事務所、化粧品メーカー、食品メーカーなど

イラストレーター

雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く仕事です。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求されます。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要です。

DTPオペレーター

編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る仕事です。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要になります。

エディトリアルデザイナー

雑誌、カタログ、各種マニュアル本などの書籍をデザイン的に美しく、かつ読みやすいように写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置するなどの編集すること、エディトリアルデザインを行います。ブックデザイナーは主に書籍の外観をデザインするのに対し、エディトリアルデザイナーはその本の内容を読みやすく機能的にデザインします。

パッケージデザイナー

お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする仕事です。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出します。

PHOTOSHOPクリエイター能力認定試験の特徴

ハイライセンスシール

合格者には「認定証」と1級合格者にハイライセンスシール1シート(20枚)が発行されます。ハイライセンスシールは保有スキルを証明するために名刺や身分証等に貼り付け使用するものです。ハイライセンスシールの追加発行を希望する場合は5シート(100枚)800円から5シート単位で販売されており、オンライン上で申請が可能です。

障害者特別措置制度

障害を持つ方が受験しやすいよう、試験時間延長などの特別措置を設けています。肢体障害者の方には時間を最大1.5倍延長し、拡大コピーされた問題、拡大鏡持参、照明機器使用が認められます。聴覚障害者の方には試験監督が口頭で指示する注意事項を文書により配布し、補聴器使用が認められます。その他の障害を持っている場合には認定委員会にて検討されます。

Certify Grand Prix

クリエイターを目指す方々の技能を発揮する場を提供し、デジタル社会における人材育成に貢献することを目的としたコンテストで、デジタルアート(静止画)部門(コンピュータで作成された静止画のグラフィック作品)、デジタルムービー(動画)部門(CGアニメーションや美写映像をデジタル加工した動画作品)、Webコンテンツ部門(操作性・デザイン性に優れたオリジナルWebコンテンツ作品)の3部門があります。応募期間は12月~2月頃に予定されており、プロ以外の学生・社会人・団体・個人を問わず応募ができます。

受験内容

■知識試験・・・画像処理およびAdobe PhotoshopRに関する知識、多肢選択解答形式(答案記述形式)
■実技試験・・・Adobe PhotoshopRの操作による 画像ファイルの作成、問題文は問題冊子を配布。出力見本 (カラー印刷) を配布。テーマ・指示に従い、ハードディスク上等に解答を保存し、提出する
※Macintosh版,Windows版ともに、Adobe PhotoshopR6.0、7.0、CS、CS2より選択し、受験できます。
(Ver.6.0/7.0/CSの場合)
【3級】
①基本操作(作業エリアと画像の表示、ファイル操作、色の選択、環境設定)、②画像の基礎知識(解像度・サイズ、カラーモードとカラーモデル、デジタル画像の知識)、③画像の編集(画像の移動と変形、画像の選択、チャンネルとマスク、画像の復元)、④色調の補正(補正コマンド)、⑤レイヤー操作(レイヤーの基本、レイヤーの応用)、⑥ペイント(ペイントツール、編集・レタッチツール、ペイント・編集コマンド)、⑦描画(パスとシェイプの作成と編集、パスの応用)、⑧文字の作成(文字ツール、書式設定)、⑨フィルタ(フィルタの概要(プラグインフィルタ、適用できない画像等)、[シャープ]/[ノイズ]/[ぼかし]/[表現手法]/[描画](Ver.6.0/7.0:[3Dトランスフォーム]を除く)/[変形]の各フィルタの特徴及び使用)、⑩画像の入出力(印刷)
【2級】
①基本操作(作業エリアと画像の表示、ファイル操作、色の選択、環境設定)、②画像の基礎知識(解像度・サイズ、カラーモードとカラーモデル)、③画像の編集(画像の移動と変形、画像の選択、チャンネルとマスク、画像の復元)、④色調の補正(補正コマンド、描画モード)、⑤レイヤー操作(レイヤーの基本、レイヤーの応用)、⑥ペイント(ペイントツール、編集・レタッチツール、ペイント・編集コマンド)、⑦描画(パスとシェイプの作成と編集、パスの応用)、 ⑧文字の作成(文字ツール、書式設定、段落設定)、⑨フィルタ(フィルタの概要(プラグインフィルタ、適用できない画像等)、[ゆがみ]コマンド、[抽出]コマンド、[シャープ]/[ノイズ]/[ぼかし]/[表現手法]/[描画](Ver.6.0/7.0:[3Dトランスフォーム]を除く)/[変形]の各フィルタの特徴及び使用、[アーティスティック]/[ビデオ]/[ピクセレート]/[スケッチ]/[テクスチャ]/[ブラシストローク]/[その他]の各フィルタの特徴及び使用、[パターンメーカー]コマンド(Ver.7.0/CS)、[フィルタギャラリー]コマンド(Ver.CS))、⑩Web用画像の作成(画像の最適化)、⑪画像の入出力(画像の取り込み、印刷、カラーマネジメント)、⑫アクションと自動処理(アクション、自動処理)、⑬ImageReady(概要(ImageReady上でのWebデザイン機能の特徴と画像の最適化))
【1級】
①基本操作(作業エリアと画像の表示、ファイル操作、色の選択、環境設定)、②画像の基礎知識(解像度・サイズ、カラーモードとカラーモデル)、③画像の編集(画像の移動と変形、画像の選択、チャンネルとマスク、画像の復元)、④色調の補正(補正コマンド、描画モード)、⑤レイヤー操作(レイヤーの基本、レイヤーの応用)、⑥ペイント(ペイントツール、編集・レタッチツール、ペイント・編集コマンド)、⑦描画(パスとシェイプの作成と編集、パスの応用)、 ⑧文字の作成(文字ツール、書式設定、段落設定)、⑨フィルタ(フィルタの概要(プラグインフィルタ、適用できない画像等)、[ゆがみ]コマンド、[抽出]コマンド、チャンネルへのフィルタの適用、フィルタのパフォーマンスの向上、[シャープ]/[ノイズ]/[ぼかし]/[表現手法]/[描画](Ver.6.0/7.0:[3Dトランスフォーム]を除く)/[変形]の各フィルタの特徴及び使用、[アーティスティック]/[ビデオ]/[ピクセレート]/[スケッチ]/[テクスチャ]/[ブラシストローク]/[その他]の各フィルタの特徴及び使用、[パターンメーカー]コマンド(Ver.7.0/CS)、[フィルタギャラリー]コマンド(Ver.CS)、[Digimarc]フィルタ)、⑩Web用画像の作成(スライスの使用、画像の最適化)、⑪画像の入出力(画像の取り込み、画像の書き出し、印刷、カラーマネジメント)、⑫アクションと自動処理(アクション、自動処理)、⑬ImageReady(概要(ImageReady上でのWebデザイン機能の特徴と画像の最適化)、スライスの作成、イメージマップの作成、ロールオーバーの作成、アニメーションの作成)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

パソコンの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧