資格のケンサク

シスコ技術者認定

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
個人差あり
受験費用
試験科目により異なり、8.137円~34.650円となっています。
合格率
未公表
試験回数
随時
主催
シスコムシステムズ(株)

シスコ技術者認定ってどんな資格?

世界最大手のネットワーク機器メーカー、シスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニアを対象にした政界共通の認定資格です。

試験は専門性に応じて「エキスパート」「プロフェッショナル」「アソシエイト」の3つのレベルに分かれており、それぞれ「ルーティング&スイッチング」「デザイン」「ネットワークセキュリティ」「サービスプロバイダー」「ストレージネットワーキング」「Voice」の6分野があります。

また、特定の技術、ソリューション、職務分担において高い能力があると証明する、特定分野に特化した「スペシャリスト」資格もあり、この資格も7分野に分かれています。

ビジネスや公共サービスなどあらゆる分野でネットワークの重要性が求められている今、それらの設計・運用・保守を行うネットワークエンジニアへのニーズは高まっています。

ネットワークエンジニアの登竜門であるCCNA(ネットワーク導入&サポート分野のアソシエイツに相当)の取得は小規模ネットワークに対してLAN、WAN、ダイヤルアクセスサービスの設置・設定・運営ができる知識と技術の証明であり、企業からの信頼も厚く、ネットワークエンジニアへの道の第一歩となります。

シスコ技術者認定を取得すると出来る仕事

シスコ技術者認定 就職先

通信会社、Webコンテンツ制作会社、アミューズメント関連企業、コンピュータメーカー、ソフトウエアメーカーなど

プログラマー

コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックします。

コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事です。

システムエンジニア

ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事です。

システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされます。

システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になります。

ネットワーク技術者

顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。

コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事です。

ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要です。

システムアナリスト

企業や組織の経営戦略に基づいて情報戦略を立案し、情報システム開発においては全体計画、個別計画の立案、策定を行い、その開発・導入プロジェクトを支援し、同時に業務のシステム化を監督・監修します。

システム開発における最上流の担当者であり、能動的にシステム開発計画を提案します。

カスタマーエンジニア

コンピュータが常に良好に作動するように、メインメンテナンスを行うのがカスタマーエンジニアの仕事です。

定期的にユーザーを巡回訪問してコンピュータの状況をチェックします。その際、故障があれば修理もします。ソフト・ハードに限らず問い合わせに対応しなければならないので、コンピュータ(ソフト・ハード)知識に加え、ユーザーとのコミュニケーション能力が欠かせません。

シスコ技術者認定の特徴

再認定

CCDA認定の有効期間は3年間で、更新するには有効期限内に現在行われているCCDA試験、試験番号が「642」で始まるプロフェッショナルレベルの試験、シスコスペシャリスト試験、現在行われているCCIE試験のいずれかに合格することが条件です。

また、CCDP、CCIP、CCNP、CCSP、CCVP認定の有効期間も3年間で、更新するには有効期限内にプロフェッショナルレベルの「642」で始まる試験のいずれかに合格、現在行われているCCIEの筆記試験の1つに合格のいずれかの条件を満たすことが条件です。

受験内容

※各レベル、各分野、それぞれ受験できる試験がいくつかあり、下記は一部です。
※多肢選択問題、シュミレーション問題
<<アソシエイト>>
【CCENT】アソシエイト レベルへの中間的なステップ
■Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1
①データ ネットワークの動作の説明、②小規模スイッチド ネットワークの実装、③小規模ブランチ オフィスのネットワーク要件に対応する IP アドレッシング方式および IP サービスの実装、④小規模ルーテッド ネットワークの実装、⑤WLAN に必要な適切な管理タスクの説明と選択、⑥ネットワークに対するセキュリティ面の脅威の特定およびこれらの脅威を軽減するための一般的な方法の説明、⑦WAN リンクの実装と確認
【CCNA】ネットワーク運用に関して
■Cisco Certified Network Associate
①ネットワークの仕組みの説明、②スイッチ間通信を行う VLAN 接続されたスイッチの設定、確認、およびトラブルシューティング、③中規模エンタープライズ ブランチ オフィス ネットワークのネットワーク要件に対応する IP アドレッシング方式および IP サービスの実装、⑤シスコ製デバイスでの基本的なルータの動作とルーティングの設定、確認、およびトラブルシューティング、⑥WLAN に必要な適切な管理タスクの説明と選択、⑦ネットワークに対するセキュリティ面の脅威の特定およびこれらの脅威を軽減するための一般的な方法の説明、⑧中規模エンタープライズ ブランチ オフィス ネットワークでの NAT および ACL の実装、確認、およびトラブルシューティング、⑨WAN リンクの実装と確認
【CCDA】ネットワーク設計に関して
■Designing for Cisco Internetwork Solutions 試験
①ネットワーク設計に使用する方法論の説明、②ネットワークの構造およびモジュール性の説明、③基本的なエンタープライズ キャンパス ネットワークの設計、⑤IP アドレッシングおよびルーティング プロトコルの設計、⑥セキュリティ サービスの設計、⑦音声ネットワーキングに関する考慮事項の説明、⑧ワイヤレス ネットワーキングに関する考慮事項の説明
<<プロフェッショナル>>
【CCDP】インテリジェント ネットワークの設計の概念と法則に関して
【CCIP】IP ルーティング、IP QOS、BGP、MPLS を含むサービスプロバイダ業務のネットワーキング技術に関して
【CCNP】ネットワーク技術者が 100 ~ 500 以上のノードを含む統合 LAN および WAN の導入、設定、およびトラブルシューティングを行う能力を問う
■Building Scalable Cisco Internetworks
①EIGRP 動作の実装、②マルチエリア OSPF 動作の実装、③Integrated IS-IS の説明、④Cisco IOS ルーティング機能の実装、⑤BGP の実装によるエンタープライズ ISP 接続、⑥マルチキャスト フォワーディングの実装、⑦IPv6 の実装
【CCSP】セキュアなシスコ ネットワークの構築に関して
■Securing Cisco Network Devices 試験
①最近のネットワーク インフラストラクチャが直面しているセキュリティの脅威の説明、②シスコ ルータの保護、③シスコ ルータを使用した基本的な AAA の実装、④ACL を使用したシスコ ルータとネットワークに対する脅威の抑制、⑤安全なネットワーク管理とレポートの実装、⑥一般的なレイヤ2攻撃の抑制、⑦SDM を使用した Cisco IOS ファイアウォール フィーチャ セットの実装、⑧SDM を使用した Cisco IOS IPS フィーチャ セットの実装、⑨SDM を使用したシスコ ルータでの IPSec VPN の実装
【CCVP】ネットワーク技術者がシングルサイトおよびマルチサイトの配置で、シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションを実装および運用に関して
■Quality of Service
①IP QoS の基本、②IP QoS コンポーネント、③MQC および自動 QoS、④分類およびマーキング、⑤輻輳管理の方法、⑥輻輳回避の方法、⑦トラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピング、⑧リンク効率化メカニズム、⑨QoS ベスト プラクティス

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

パソコンの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧