資格のケンサク

海上保安学校学生

資格or検定
検定
難易度
★★★★★
取得期間
1年~
受験費用
受験料は無料です。
合格率
試験回数
年1回
主催
人事院の各地方事務局か海上保安庁総務部教育訓練管理官

海上保安学校学生ってどんな資格?

海上保安庁の中堅職員を養成する海上保安学校で学ぶ学生(国家公務員)です。

海上保安学校学生は1~2年の教育訓練で船舶運航システム過程、航空過程、情報システム過程、海洋科学過程の4過程があり、進む方向が異なります。卒業後、船舶運航システム過程は海難救助・海上犯罪の取締りなどを行い、航空過程は飛行機あるいはヘリコプターの操縦士として、海難救助・海上犯罪の取締りなどの業務を、情報システム過程は海難救助・海上犯罪の取締りなどの業務や通信機器の運用管理・航路標識の管理運営などを、海洋科学過程は海洋観測・測量・天体観測・海図の作成などの業務をそれぞれ行います。

船舶運航システムには例年秋に試験を行う4月入学以外にも、10月入学生の特別募集もあります。

海上保安学校学生を取得すると出来る仕事

海上保安学校学生 就職先

全国の海上保安官署、省庁

海上保安官

海上の安全を守るため、監視や取り締まり、交通整理をはじめ、海難事故が起こった場合の救助作業、また、事故によって海上に流出した船の油や有害物質の防除措置に至るまで様々な状況に対応していかなければなりません。さらに、安全な航海を支援していくために、海洋データを収集・分析していくコンピュータ関連の業務もあります。

海上保安学校学生の特徴

能力を育成する研修制度

海上保安学校などの教育機関は、海上保安官になるための入り口で、業務に必要な能力を身につけるために研修を行っています。海難救助をはじめとする高度な潜水技術を育成する「潜水研修」、海上事故遭遇者を救出するために救急救命士を養成する「救急救命士養成研修」、海上保安業務に欠かせない韓国語・中国語・ロシア語を修得する「語学研修」などがあり、本人の希望と適正により、潜水士・特殊救難隊・機動救難士などに進むことができます。

海上保安学校学生採用試験(特別)

船舶運航システム過程のみ、10月入学生のための特別採用試験が設けられており、1次試験は5月下旬、2次試験は6月中旬~下旬に行われます。試験内容、試験地、卒業後の業務などは4月入学生と同じです。2006年度の受験は5.467名と多く、その内1.000名くらいが女性の受験者でした。

受験内容

■1次試験
①教養試験(多肢選択式)
【全過程】国語、社会、数学、理科、英語、文章理解(英文も含む)、判断推理、数的推理、資料解釈
②学科試験(多肢選択式)
【航空過程・海洋科学過程】数学I、数学II、数学A、数学B(ベクトルの分野に限る)、物理I、英語I、英語II
【情報システム過程】数学I、数学II、数学A、数学B(ベクトルの分野に限る)、英語I、英語II
③作文試験
【船舶運航システム過程】文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験
■2次試験
①人物試験
【船舶運航システム過程・情報システム過程・海洋科学過程】個別面談
②身体検査
【船舶運航システム過程・情報システム過程・海洋科学過程】内科検診
【航空過程】一般検査、呼吸器系検査、循環器系検査、消化器系検査、血液及び造血臓器検査、腎臓、泌尿器系及び生殖器系検査、運動器系検査、眼検査、視機能検査、耳鼻咽喉検査、口腔及び歯牙検査、総合検査
③身体測定
【船舶運航システム過程・情報システム過程】身長、体重、視力、色覚、聴力
【航空過程】身長、体重、胸囲、視力、色覚、聴力、肺活量、握力
【海洋科学過程】視力、色覚、聴力
④体力検査
【船舶運航システム過程・航空過程・情報システム過程】上体起こし、反復横跳び、片手懸垂
【海洋科学過程】片手懸垂
■3次試験【航空過程のみ】
①人物試験・・・個別面接
②身体検査・・・精神・神経系検査
③適性検査・・・模擬飛行装置を使用しての操縦検査

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

公務員の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧