資格のケンサク

国立国会図書館職員Ⅲ種

資格or検定
検定
難易度
★★★★★
取得期間
1年~
受験費用
受験料は無料です。
合格率
試験回数
年1回
主催
国立国会図書館総務部人事課任用係

国立国会図書館職員Ⅲ種ってどんな資格?

国立国会図書館の司書としての仕事や、国会議員の国政審議に対しての資料提供の仕事などを行う国家公務員になるための国家試験です。

法案・案件の分析、評価などの国会の審議を補佐する調査業務、図書館資料の収集・整理、閲覧、利用に応じる司書業務、調査・司書業務を円滑に遂行するために一般事務業務が主な仕事内容で、特に国会に関わる調査は、特定の外国の状況や災害に対する報告といった国政の審議に使われる資料をまとめる責任の重い仕事です。

また、Ⅲ種技術は電気整備の設計、施工、維持管理などを行います。試験は高等学校卒業程度の学力が必要で、1次試験は一般教養と、Ⅲ種の場合には英語力・作文が出題され、Ⅲ種技術の場合には電気に関して出題されます。2次試験は個別面接が国立国会図書館で行われます。合格すると、Ⅰ種・Ⅱ種と同様に国立国会図書館の職員として採用されるほか、2002年に開館した関西館、国際子ども図書館での勤務もあります。また、入館年の浅いうちは、最初の配属先に長期固定されることはなく、様々な部署を経験し、実務や研修を通じて、必要な知識を学んでいきます。なお、司書資格は合否の判定に影響しません。

国立国会図書館職員Ⅲ種を取得すると出来る仕事

国立国会図書館職員Ⅲ種 就職先

国立国会図書館、関西館、国際子ども図書館

国立国会図書館職員

国会議員や国会関係者に依頼された調査や、図書館を利用する方に検索などのサービスなどの業務を行います。

国立国会図書館職員Ⅲ種の特徴

国立国会図書館職員採用説明会

翌年の職員採用試験に向けて、業務内容や働くことの魅力、採用試験の概要などについて若手・中堅職員が直接説明する職員採用説明会を毎年、各地の大学などで行っています。志望者は興味がある方、進路を迷っている方、どなたでも参加できますが、一部の大学では在籍生や卒業生のみとなっています。また、参加する際には予約は必要ありません。

受験内容

【Ⅲ種】
■1次試験
①一般教養(多肢選択式)、②英語(記述式)、③作文(800字)
■2次試験
面接試験(個別面接)、質問紙法による性格検査
【Ⅲ種技術】
■1次試験
①一般教養(多肢選択式)、②専門(電気・多肢選択式)
■2次試験
面接試験(個別面接)、質問紙法による性格検査

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

公務員の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧