資格のケンサク

国家公務員Ⅰ種

資格or検定
検定
難易度
★★★★★
取得期間
1年~
受験費用
受験料は無料です。
合格率
6.10%
試験回数
年1回
主催
人事院各地方事務局 (東京の場合)人事院関東事務局

国家公務員Ⅰ種ってどんな資格?

中央官庁や国の出先機関で仕事するために必要な資格です。

公務員試験の最高峰の試験内容で、各省庁の幹部候補生としての道が約束されている職種です。試験は1次の筆記試験と2次の面接試験があり、さらに合格者は各省庁から呼び出されて面接を受けます。

面接に通り採用されると、国家公務員になります。国家の行政をになうというとてもダイナミックな仕事をすることになり、能動的に行政権を行使していくので、その分責任は重いですが、やりがいのある仕事です。

試験は非常に難しく、非常に狭きもんとなっていますが、東大・京大を初めとする一部の大学だけが合格を独占するという構図は変わり、最近では合格者の増加とともに、合格者の出身大学の幅も広がってきています。

他の職種に比べると採用枠が少ないようですが、海外などでの研修プログラムなど、研修システムが充実しています。

国家公務員Ⅰ種を取得すると出来る仕事

国家公務員Ⅰ種 就職先

国会議事堂、省庁、刑務所、空港、港、国連、大使館、国立大学、病院、国立研究所、科学技術庁管轄の研究所、税関など

国家公務員

各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事です。

刑務官

刑務所や少年刑務所、拘置所などで、収容されている人たちに生活指導を行ったり、職業訓練指導を行う。施設の管理や保安・警備なども仕事の一つです。

入国審査官

全国の入国管理局や空港などで、入国審査を行います。外国からの不法入国者やパスポートの不備、ビザの有無などチェック管理や、法律に反する荷物の持ち込みなどを防ぐ監視役です。

外務公務員

外務省本省では、政策決定に関与する課長、局長、次官などの幹部職員候補です。大使館・総領事館などでは大使や総領事としての仕事を行います。経験を積めば、将来は幹部職員として活躍することが期待できるでしょう。

特許審査官

特許出願、意匠登録出願、商標登録出願の審査等を行う特許庁の職員です。 特許出願等の審査は各国において審査官によって行われています。

国家公務員Ⅰ種の特徴

官庁訪問

官庁訪問は志望府省などに採用されるための重要なステップで、最終合格発表日の翌日から官庁訪問の受付が開始されます。官庁訪問では、適切な人材かどうか、行政に対する意欲などを見て採用者の人選をする採用面接などが行われ、内々定をえる機会となります。1次試験から最終合格発表日までは各庁合同説明会以外は各府省との接触は禁じられています。

本府省合同業務説明会

第1次試験合格者を対象に、第2次試験実施後、志望する府省などの選択のための情報提供を目的として4都市(札幌、東京、大阪、福岡)で本負傷合同業務説明会が開催されます。各府省との接触禁止期間中、唯一採用についての説明などが受けられるチャンスとなっており、志望する府省などの業務内容および採用予定などの情報が得られます。詳細は第1次試験の際や決定次第、人事院ホームページにてお知らせがあります。

女子学生を対象としたセミナー

Ⅰ種試験採用者の女性職員との意見交換などを行うセミナーを開催しており、疑問に思っていることや男性職員には聞きにくいことなど、色々と質問ができる機会です。東京と京都の会場はⅠ種志望者を対象としており、東京の会場では本省庁女性幹部公務員による講演も行われます。それ以外の会場ではⅠ種・Ⅱ種志望者を対象としたセミナーを実施しています。

受験内容

■試験区分 ※いずれか一つを選択します。
【多肢選択式】
①行政
<必須>政治学、国際関係、憲法、行政法、民法(担保物権、親族及び相続を除く)、経済学、財政学
<選択>◎選択A=政治学、行政学 ◎選択B=行政学、経済政策 ◎選択C 国際関係、国際法
②法律
<必須>憲法、行政法、民法、経済学、財政学
<選択>商法、刑法、労働法、国際法
③経済
<必須>経済理論、財政学、経済政策、経済事情、憲法、民法(担保物権、親族及び相続を除く。)
<選択>経済史、経済事情、国際経済学、統計学、計量経済学、経営学
④人間科学Ⅰ(心理系)・・・人間の資質の理解に関する心理学的基礎、人間の行動、人間関係の理解に関する心理学的基礎、人間の資質、行動及び人間関係の研究方法に関する基礎、人間の資質、行動及び人間関係をめぐる行政的問題
⑤人間科学Ⅱ(教育・福祉・社会)
<必須>教育、福祉、社会に関する理論の基礎、教育、福祉、社会における調査・分析に関する理論の基礎、教育、福祉、社会と行政に関連する分野の基礎
<選択>1.教育環境学、2.教育心理学、3.教育経営学、4.教育方法学、5.社会福祉総論、6.社会福祉各論(社会福祉方法論を含む。)、7.福祉計画論[社会保障論、社会福祉に関連する法律等を含む。]、8.地域福祉論(福祉をめぐる動向を含む。)、9.社会学(理論)、10.社会学(各論)、11.社会心理学、12.現代社会論 から4科目選択
⑥理工Ⅰ(一般工学)
<必須>工学に関する基礎
<選択>1.技術論、2.基礎化学、3.工学基礎実験、4.情報基礎、5.電気工学、6.電磁気学、7.材料力学、8.流体力学、9.構造力学(土木)・土木材料・土木施工、10.土質力学・水理学、11.環境工学(土木)・衛生工学、12.構造力学(建築)、13 .建築構造・建築材料・建築施工、14.計測工学・制御工学、15.情報工学(ハードウェア)、16.情報工学(ソフトウェア)、17.電子工学、18.通信工学、19.機械力学、20.熱力学・熱機関、21.土木計画、22.建築計画・建築法規・建築設備、23.建築史・都市計画、24.材料工学(材料科学)、25.材料工学(金属材料・無機材料)、26.資源地質学・資源探査、27.資源開発工学・資源リサイクリング、28.原子力工学(原子核・放射線)、29.原子力工学(原子炉・核燃料サイクル)、30.船舶海洋工学(流体)、31.船舶海洋工学(構造) から4科目、5科目又は6科目を選択
⑦理工Ⅱ(数理科学系)
<必須>数学基礎、線形代数、解析、確率・統計、情報基礎
<選択>集合・位相、代数、幾何、解析、確率・統計、情報理論、計算機数学、離散数学、数値計算、数学モデル、オペレーションズ・リサーチ、経営工学(経営数学・生産管理・品質管理)
⑧理工Ⅲ(物理・地球科学)
<必須>基礎数学・情報数学、基礎物理、地球科学
<選択>物理数学、古典物理学、現代物理学(物性物理学を含む)、地球物理学、地質学
⑨理工Ⅳ(化学・生物・薬学)
<必須>基礎数学、基礎物理、基礎化学、基礎生物学
<選択>1.数学・物理、2.基礎物理化学・基礎無機化学、3.物理化学・無機化学、4.有機化学、5.工業化学・化学工学、6.分析化学・薬化学、7.薬理学、8.薬剤学・衛生化学、9.食品学、10.土壌肥料学・環境科学・農薬、11.生化学・分子生物学、12.応用微生物学・生物工学、13.発生生物学・生理学、14.細胞生物学(形態学を含む。)・放射線生物学、15.遺伝学・進化学、16.生態学(動物行動学を含む。)・系統分類学 から5科目又は6科目を選択
⑩農学Ⅰ(農業科学)
<必須>農業科学に関する基礎、統計学に関する基礎、農業事情
<選択>1.作物学、2.園芸学、3.育種遺伝学、4.植物病理学、5.昆虫学、6.土壌肥料学・植物生理学、7.経済学、8.農業資源経済学(基礎)、9.農業資源経済学(応用)、10.農業経営学、11.食料政策・農業政策・農業関係法律、12.家畜育種学、13.家畜繁殖学、14.家畜生理学、15.家畜飼養学・家畜栄養学・飼料学・家畜管理学、16.畜産物生産・畜産物加工・畜産物流通・畜産事情 から5科目選択
⑪農学Ⅱ(農業工業)
<必須>農業工学に関する基礎
<選択>1.設計・施工、2.農業水利学、3.土地改良、4.農村計画学・公共経済学、5.農村環境整備、6.機械基礎工学[機械力学及び機械要素・設計]、7.生物生産機械工学、8.食料機械工学・生物生産施設工学、9.環境調節工学 から3科目選択
⑫農学Ⅲ(森林、自然環境)
<必須>森林・自然環境に関する基礎
<選択>1.森林環境科学(森林政策及び林業動向を含む)、2.森林資源科学(森林立地及び森林保護を含む)、3.森林生物生産科学(森林経営・育林技術・森林工学)、4.
砂防学基礎、5.砂防工学、6.流域管理、7.造園学原論・造園材料、8.造園計画(自然公園)、9.造園計画(都市公園)、10.木材特性・木質構造、11.木材加工・材質改良、12.木材成分利用(特用林産を含む) から3科目選択
⑬農学Ⅳ(水産)
<必須>水産学に関する基礎、水産経済学、水産経営学、漁政・漁業関係法律、水産事情
<選択>1.漁業学、2.水産資源学、3.水産海洋学、4.水産環境保全、5.水産生物学、6.増養殖学、7.水産化学、8.水産利用学 から3科目選択

【記述式】
①行政・・・政治学、行政学、憲法、国際関係、公共政策から2~3科目3題を選択
②法律・・・憲法、行政法、民法、国際法、公共政策のうち3科目選択
③経済
<必須>経済理論
<選択>財政学、経済政策、公共政策から2科目選択
④人間科学Ⅰ(心理系)・・・人間の資質、行動及び人間関係の理解に関する心理学的基礎、行政的な課題・社会的事象について、心理学的な視点から論述するもの、から必須として1題、もう一方の科目から2題、任意の1題選択
⑤人間科学Ⅱ(教育・福祉・社会)
<必須>行政的な課題について、教育、福祉、社会の視点から論述するもの
<選択>教育学に関連する領域、福祉に関連する領域、社会学に関連する領域 から1題ずつ出題、任意の1題選択
⑥理工Ⅰ(一般工学)
1.建築設計、2.都市設計、3.計測工学、4.制御工学、5.情報工学(ハードウェア)、6.
情報工学(ソフトウェア)、7.電磁気学・電気回路、8.電気機器、9.電力工学、10.電子工学、11.通信工学、12.信頼性工学、13.材料力学、14.機械力学、15.流体力学、16.熱力学・熱機関、17.航空工学、18.構造力学(土木)、19.土質力学、20.水理学、21.土木計画、22.環境工学(土木)・衛生工学、23.材料工学(材料科学)、24.材料工学(金属材料)、25 .材料工学( 無機材料)、26.資源エネルギー事情、27.資源地質学・資源探査、28.資源開発工学、29.資源リサイクリング、30.原子力工学(原子核・放射線)、31.原子力工学(原子炉・核燃料サイクル)、32.船舶海洋工学(流体)、33.
船舶海洋工学(構造)
⑦理工Ⅱ(数理科学系)・・・代数、幾何、解析、確率・統計(線形代数及び微積分を含む。)、情報科学、数学モデル、経営工学(経営数学・生産管理・品質管理)
⑧理工Ⅲ(物理・地球科学)・・・古典物理学、現代物理学(物性物理学を含む)、地球物理学、地質学
⑨理工Ⅳ(化学・生物・薬学)・・・物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、化学工学、薬化学、薬理学、薬剤学、食品学、土壌肥料学・農薬、生化学、分子生物学・生物工学、応用微生物学、発生生物学、生理学、細胞生物学(形態学を含む)、遺伝学、生態学(動物行動学を含む)
⑩農学Ⅰ(農業科学)
<必須>農業科学に関する基礎及び農業事情
<選択>1.作物学、2.園芸学、3.育種遺伝学、4.植物病理学、5.昆虫学、6.農業資源経済学、7.農業経営学、8.食料政策・農業政策、9.家畜育種学、10 .家畜繁殖学、11.家畜生理学、12.家畜飼養学・家畜栄養学・飼料学・家畜管理学 から2科目選択
⑪農学Ⅱ(農業工業)
<必須>農業工学に関する基礎
<選択>1.設計・施工、2.農業水利学、3.土地改良、4.農村計画学、5.農村環境整備、6.公共経済学、7.生物生産機械工学、8.食料機械工学・生物生産施設工学、9.環境調節工学
⑫農学Ⅲ(森林、自然環境)
<必須>森林・自然環境に関する基礎
<選択>1.森林科学に関する基礎、2.国土保全に関する基礎、3.自然環境・公園緑地に関する基礎、4.木材等林産物に関する基礎 から1科目選択
⑬農学Ⅳ(水産)
<必須>水産学に関する基礎及び漁政
<選択>1.漁業学、2.水産資源学、3.水産海洋学、4.水産環境保全、5.水産生物学、6.増養殖学、7.水産化学、8.水産利用学 から2科目選択

■1次試験
①教養試験(多肢選択式)・・・<必須>時事、文章理解、判断・数的推理(資料解釈を含む)、<選択>自然、人文、社会
②専門試験(多肢選択式)・・・選択した試験区分より出題
■2次試験
①専門試験(記述式)・・・選択した試験区分より出題
②総合試験(記述式)・・・総合的な判断力、思考力などの能力についての筆記試験
③人物試験・・・個別面接

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

公務員の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧