資格のケンサク

介護支援専門員(ケアマネージャー)

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
5年~
受験費用
各都道府県によりことなり、6.000円~10.000円が目安です。2006年度東京都ほかの受験手数料は9.500円でした。
合格率
25.60%
試験回数
年1回
主催
各都道府県の試験担当課

介護支援専門員(ケアマネージャー)ってどんな資格?

市区町村からの依頼を受け介護が必要な高齢者の心身状況や生活環境、本人や家族の希望などを調査してケアプランを作成し、適切な介護サービスが受けられるように、市区町村や介護サービス提供機関との調整や連絡を行う専門家になるための資格です。

2000年から始まった介護保険制度の核となっている資格で、制度を支える重要な役割を担っているだけに、保険・医療・福祉に関する指定の資格とそれに基づいた実務経験などが必要です。

資格を取得するには介護支援専門員実務研修受講試験に合格した上で約7日間の実務研修に参加する必要があります。

試験は毎年10月~11月頃に行われ、筆記試験で実施されます。

高齢化社会を迎える現在、それとは逆に実際に活動できている介護支援事務員は少なく、多くの施設で必要とされており、今後も需要は高まっていくでしょう。

また、現場での仕事よりも相談業務やデスクワークが中心なので、年齢問わず長く働ける仕事です。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

介護支援専門員(ケアマネージャー)を取得すると出来る仕事

介護支援専門員(ケアマネージャー) 就職先

介護保険施設、自治体、特別養護老人ホーム、老人保健施設、障害者福祉施設、病院、老人福祉施設、ボランティア施設、市町村役所、福祉関連相談所など

ケアマネージャー

介護保険サービスの申請を市町村から受け、申請者を訪ねてその身体状況を調査し、介護保険給付が必要となった場合は介護サービス計画を作成・管理などの介護支援サービスおよびケアマネジメント、家族への連絡調整などを行います。

介護福祉士

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする仕事です。また、家族への介護指導も重要な仕事になります。

ソーシャルワーカー

児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関する様々な相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決に当たります。様々な福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事です。

受験内容

【介護支援】
①基本視点、②介護保険制度、③要介護・要支援認定特論、④介護支援サービス機能・要介護認定方法論
【保健医療福祉サービス】
①高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害、②訪問介護方法論、③通所介護方法論、④短期入所生活介護方法論、⑤福祉用具、住宅改修方法論、⑥指定介護老人福祉施設サービス方法論、⑦公的サービス、社会資源導入方法論 等

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧