資格のケンサク

福祉用具専門相談員

資格or検定
資格
難易度
★★☆☆☆
取得期間
40時間
受験費用
受験費用は必要ないですが、講習受講料は主催団体により多少異なり、45.000円程度となります。
合格率
無試験
試験回数
随時
主催
各地方厚生局保健福祉課

福祉用具専門相談員ってどんな資格?

介護を受ける側と介護をする側双方の心理を理解し、病状や障害の度合いを見極めて、福祉用具の選定や使い方を指導する専門家を認定する資格です。

2000年から導入された介護保険制度では、福祉用具の貸与が保険対象になっていることから、福祉用具貸与事業所には最低2人以上の福祉用具専門相談員を置かなければならなことになっています。

現在は受験資格も試験もなく、厚生労働大臣指定の「福祉用具専門相談員指定講習会」の講義と実習を全40時間受講して修了すれば資格が取得できます。

また、介護福祉士、義肢装具士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、ホームヘルパー2級以上の有資格者は講習を受けなくても福祉用具専門相談員の要件として認められます。

主に福祉用具貸与事業所、福祉用具メーカー、福祉関連施設などで活躍できます。これからの高齢化社会において、重要な役割となってきていますので、将来性のある資格といえます。

福祉用具専門相談員を取得すると出来る仕事

福祉用具専門相談員就職先

福祉用具貸与事業所、福祉用具メーカー・販売所、老人福祉施設、介護サービス事業所、障害者福祉施設、福祉関連相談所、医療福祉施設、介護用品会社など

福祉用具専門相談員

介護が必要な高齢者や障害者に福祉用具をレンタルしたり販売するときに、選び方や使い方についてアドバイスを行います。

また、利用者の病状や障害の度合いを適切に見きわめ、また介護する側の様々なニーズにも合わせて的確な福祉用具を選定し、わかりやすく指導します。

福祉相談指導専門員

医療福祉施設や介護施設、介護などに関連する商品を販売している会社などで活躍するのが福祉相談指導専門員です。

患者とその家族の相談を受けて、精神的な支えになったり、具体的な生活指導やさまざまな情報の提供を行い、、介護に直接携わる人の相談に乗り、指導を行います。

「介護サービスのプラニング」「ホームヘルパーの指導」「行政機関・ボランティア団体の連携折衝窓口」などを通じて、介護に携わる人をバックアップし、介護に必要になる介護医療機器(用品)のアドバイスをしたり、購入の手助けをしたりもします。

介護福祉士

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする仕事です。また、家族への介護指導も重要な仕事になります。

受験内容

■福祉用具専門相談指定講習会
①老人保健福祉に関する基礎知識・・・老人保健福祉の基本制度、老人保健福祉サービス、関連法規の理解
②介護と福祉用具に関する知識・・・介護に関する基礎知識、介護技術、介護場面における福祉用具の活用
③関連領域に関する基礎知識・・・高齢者等の心理、医学の基礎知識、リハビリテーション概要
④福祉用具の活用に関する実習

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧