資格のケンサク

義肢装具士

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
3年~
受験費用
受験料は65.900円となります。
合格率
92.40%
試験回数
年1回
主催
(財)テクノエイド協会試験研修部

義肢装具士ってどんな資格?

医師の指示のもと、事故や病気などで手足を失ったり、身体機能に障害がある人を対象に、義手、義足、コルセットなどの装具の採型や製作、身体への適合などを行う国家資格です。身体機能の回復を目的としたアフターケアも必要なため、光学的知識・技術だけではなく、リハビリテーションの知識も求められます。試験は年1回実施で、大学入学有資格者のうち文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得した者などが受験するため、合格率が高いです。

最近ではスポーツに適したものなど多彩なニーズに応えた義肢装具の開発や研究が進んでおり、有資格者の増加が期待されています。取得後は義肢装具製作施設に勤務し、契約している病院や福祉施設、リハビリテーションセンターなどに赴き、業務を行うことが一般的ですが、独立開業することも可能です。

義肢装具士を取得すると出来る仕事

義肢装具士就職先

義肢装具製作施設など

義肢装具士

医師の指示の下、義肢や装具の装着部位を採型し、患者に合う義肢装具を製作するだけでなく、患者の負担を少なくするために、接する部分を適合させる為に、調整などの重要な作業も行います。また、医学や義肢装具に関する専門知識のほかにも、リハビリテーションに関する知識や患者さんへの思いやりが要求されます。

受験内容

①臨床医科大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学及び関係法規)、②義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学及びリハビリテーション工学)、③義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む) 、④義肢装具生体力学、⑤義肢装具採型・採寸学、⑥義肢装具適合学

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧