資格のケンサク

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー)

資格or検定
検定
難易度
★★☆☆☆
取得期間
130時間
受験費用
受験費用はありませんが、養成研修の受講費用は各自治体や民間団体によって異なります。
合格率
無試験
試験回数
主催
各都道府県・指定都市の福祉担当課または(財)長寿社会開発センター

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー)ってどんな資格?

高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行う仕事で、生活扶助などに関する能力を認定する資格です。

生活扶助とは掃除・洗濯・買い物・家事・食事・排泄・着替え・入浴などの手伝いを主に行います。資格は1~3級があり、取得するには各都道府県および指定都市の学校や民間団体が実施している養成研修を受講します。

各級とも講習時間が決められており、3級は50時間、2級は130時間、1級は230時間となっており、実際に現場で働くには介護技術やケアマネージメントについての技能を習得した2級以上の取得が必要です。

高齢化社会を迎え、高齢者の自立した日常生活を支援し、社会福祉サービスの提供に欠かせないホームヘルパーの需要はますます高まっていきます。

取得者の多くがパートや非常勤で働いており、重要な役割を持つ人材確保と増員が求められています。

介護職員初任者研修の資格を取得するなら

介護職員初任者研修の資格を取得するなら「シカトル」での講座比較がオススメです。

年間利用者数は10万人以上。介護食院初任者研修を取得する上で、様々なスクールの特徴をまとめて比較することができます。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー)を取得すると出来る仕事

ホームヘルパー 就職先

自治体、社会福祉協議会、介護サービス事業所、老人介護施設、病院、老人福祉施設、障害児福祉施設など

ホームヘルパー

高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事です。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設への付き添いなども行います。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努めます。

介護福祉士

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする仕事です。また、家族への介護指導も重要な仕事になります。

受験内容

■3級
【講義】
①社会福祉に関する知識、②ホームヘルプサービスに関する知識と方法、③関連領域の基礎知識:医学の基礎知識、心理面への援助方法
【実技演習】
①介護技術入門、②ホームヘルプサービスの共通理解、③共感的理解と基本的態度の形成 等
【実習】
在宅サービス提供現場見学
(2012年より廃止)

■2級
【講義】
①福祉サービスの基本視点、②社会福祉の制度サービス、③ホームヘルプサービスに関する知識、④サービス利用者の理解、⑤介護に関する知識と方法、⑥生活援助に関する知識と方法、⑦相談援助とケア計画の方法、⑧関連領域の基礎知識
【実技演習】
①共感的理解と基本的態度の形成、②基本介護技術、③レクリエーション体験学習、④ケア計画の作成と記録・報告の技術 等
【実習】
①介護実習、②ホームヘルプサービス同行訪問、③在宅サービス提供現場見学

■1級
【講義】
①社会福祉関連の制度とサービス、②介護の方法と技術、③チームケアとチームワーク 等
【実技演習】
①ケアマネジメント技術、②指導技術と介護技術の向上 等
【実習】
①痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、②デイサービスセンター実習、③チーム運営方式業務実習訪問看護同行訪問、④在宅介護支援センター職員との同行訪問 等
(2012年より廃止)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧