資格のケンサク

精神保健福祉士

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
4年~
受験費用
受験料は11.500円となります。
合格率
61.30%
試験回数
年1回
主催
(財)社会福祉振興・試験センター

精神保健福祉士ってどんな資格?

精神科医療機関などで、精神障害者に対し社会復帰に関わる相談・助言・指導・日常生活への適応のために必要な訓練・援助をする専門家を認定する国家資格です。

1997年の精神保健福祉法により、精神障害者の保健や福祉に関する専門知識を習得し、社会復帰を遂げるために必要となる様々なサポートを行う人材を育成する目的で設けられました。

試験は年1回実施の筆記試験にて行われ、保健福祉系大学・短大などで精神医学・精神保健福祉論・社会保障論・医学・心理学などの指定科目を履修する、もしくは一般大学卒業後、精神保健福祉士養成施設で1年間学ぶなど、受験資格を満たす様々なルートがあります。

資格取得後は精神病院や精神障害者社会復帰施設などで精神障害者の入退院に関する相談や日常生活適応のために必要な訓練や指導を行います。社会福祉士と併せて受験するケースや女性の取得者が目立っています。

精神保健福祉士を取得すると出来る仕事

精神保健福祉士 就職先

精神病院、精神保健福祉センター、社会復帰施設、保健所・保健センター、障害者福祉施設、老人福祉施設など

精神保健福祉士

精神障害者の保健や福祉に関する専門知識・技術をもって、精神障害者の入退院に関する相談に応じたり、日常生活適応のために必要なトレーニングや社会参加に向けての支援活動を通して、訓練・指導を行い、その人らしいライフスタイルの獲得などの指導を行います。

精神保健福祉士の特徴

海外研修

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士を海外の先進諸国に2週間~1ヶ月程度派遣し、現地にて福祉に関する助言・指導・援助方法・技能などの実地研修を行っており、精神保健福祉士は米国に1ヶ月程度、米国の「ピュアカウンセリング」の実態や地域における精神障害者の先進的支援システム・思想性・ぎじゅつを学習するなどの調査テーマに基づいて、派遣されています。

受験内容

海外研修

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士を海外の先進諸国に2週間~1ヶ月程度派遣し、現地にて福祉に関する助言・指導・援助方法・技能などの実地研修を行っており、精神保健福祉士は米国に1ヶ月程度、米国の「ピュアカウンセリング」の実態や地域における精神障害者の先進的支援システム・思想性・ぎじゅつを学習するなどの調査テーマに基づいて、派遣されています。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧