資格のケンサク

手話通訳士

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
3年~
受験費用
受験料は18.000円となっています。
合格率
47.70%
試験回数
年1回
主催
社会福祉法人聴力障害情報文化センター手話試験部

手話通訳士ってどんな資格?

聴覚障害者と健聴者とのコミュニケーションの橋渡しをする重要な役割を担う専門家を認定する資格です。

両者の意見や立場を知りえる唯一の人として、重要な位置にあり、ハイレベルは通訳技術と公正な判断力、豊富な知識が求められます。

試験は学科と実技試験が行われ、合格率10~15%程度と難関です。

筆記試験では通訳すべき話の内容を正確に理解して、的確に言い換えたりまとめたりしなければならないため、国語力も問われます。

実技試験は手話の表現力、円滑性、速さ、態度が判定されます。合格するには、3年以上の手話通訳経験が目安として望ましいです。

最近では公共施設や自治体、講習会、企業での面接など、あらゆる分野で手話通訳士の需要は高く、活躍のフィールドが増えてきています。

十分な経験を積み上げれば、関連施設などに採用されて安定した収入が得られ、福祉・教育・労働などの場面での聴覚障害者を理解し、彼らを社会への参加を促す役割を果たすやりがいのある仕事になるでしょう。

手話通訳士を取得すると出来る仕事

手話通訳士就職先

児童福祉施設、障害者福祉施設、病院、老人福祉施設、ボランティア施設、自治体など

手話通訳士

手話を音声言語に、または音声言語を手話に訳する仕事です。テレビにも手話通訳が取り上げられ、一般の人の手話への関心は高まっていますが、手話の通訳者として一人前になるにはかなりの経験が必要で、まだまだ絶対数が足りない状況です。手話通訳士はさまざまな情報を手の動きによって伝達し聴覚障害者と健聴者とのコミュニケーションをはかるバリアフリー社会での重要な仕事を担っています。

受験内容

【学科試験】
①障害者福祉の基礎知識、②聴覚障害者に関する基礎知識、③手話通訳のあり方、
④国語
【実技試験】
①聞き取り・・・・音声を聞き取り同時に通訳します。
②読み取り・・・・ビデオを見ながら口頭で同時通訳します。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

福祉の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧